水ヶ瀞ダム

2018/07/06

4/26、山形県西川町、水ヶ瀞ダムに行ってきました。
5回目。(→1,2,3,4)


f:id:kazu_ma634:20150818221438j:image:h400
f:id:kazu_ma634:20150818221439j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20150818221440j:image:w400
融雪放流している。
左上に桜の木がある。
いってみよう。


f:id:kazu_ma634:20150818221441j:image:w400
天端*1は通年立入禁止。


f:id:kazu_ma634:20150818221442j:image:w400
天端横がちょっとした公園になってる。


f:id:kazu_ma634:20150818221443j:image:w400
堤体と桜。

*1:ダムの一番上の部分

陽だまり♪

2018/07/06

 

落ち葉とクローバー
なんかホッとする温もり

DSC_6635

 

 

↓↓いつもポチありがとうございます。
皆様のポチで励みになります^^

3/24の記録。

それでは、昨日の結果をドーン!

f:id:reia2017:20170325221859j:image

60.1㎏(前回)
60.4㎏(今回)+0.3kg

ムムム・・・

● 食べたもの ●
8:30 :バナナ、麻婆春雨
13:30:麻婆春雨、味噌汁
16:00:饅頭

昨日から私がやっているゲームのイベントがはじまって夢中でやっていたためブログの更新忘れてました〜
でもおかげで上位報酬取れた!
やったね!!
本日分もすぐに更新します!

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

こんばんは



ったく…



と、いうわけで今日の挑戦を聞いて下さい(泣)



パソコン起動

昨日のワケワカメ2個分の更新338個は無事終了。

残ってる1個をダウンロードしようと思いWindows Updateを起動したら、

「❌ コンピューターの更新プログラムを確認しま す」のメッセージ

今までこのメッセージは出たことなくて、これは自動にしてるから出たんだな!と安心してボタンを押したら!



終わりませんよ、確認が



一時間…


二時間…


三時間…


ばっかもーーーん!!!


今度は更新の確認が出来ません!


検索すると、まず出てくるのが更新の確認に時間がかかるという問題。ワタシはダウンロードが出来ないだけだから関係ないや♪と思ってたらこの有り様
。なんですかコレ。


この更新の確認を止めるにはタスクマネージャーで停止しなければとの事だけど、一回で停止出来ないのね。更に下にあるサービス?というボタンを押して停止、、、はぁ。


でね、ここから先どうしたらいいんだろ、と考えた末、設定でまた手動に変える事に。そしたら、更新の確認は出なくて(良かったー)1個ダウンロードできます画面が出ました。


ヨシッ!今度こそダウンロードするよ!
1個だからすぐ終わるでしょ〜〜〜


って…


え?…


まさか…



終わらんのかい!


一時間経ちましたけどー



でもね


今日はあきらめませんよ〜
ついにMSダウンロードセンターから
KB3172605をダウンロードする事を決断!


ダウンロードボタンをポチ


ん?実行保存画面が出ませんね?


もしや、、失敗?

ダウンロードの痕跡も見つけることができず。



結局、1個の更新が残ったままで今日の格闘はなかったことになりました。ガックシ。
元サヤです。笑



XPの時も泣く泣く7に替えたのに数年後には7もサポート終了するからまた買い替えですね。
それまでは現役で使いたいから更新は絶対やらなきゃダメなんです。


パソコンに詳しい人にとったら、ワタシのやってる事なんてほんと時間の無駄なんでしょうけど、やってる本人は必死ですよ〜。


重要な更新はいまのところ1個だからいいんだけど
今の目標はIE11をインストールすることなので、明日再再挑戦してみます〜〜。


**つづく**




寝る前はよかったさがし♪


伊野尾クンの笑顔で今日も頑張れた〜。
食レポは「ウマッ」だけで100点!笑
それと、何回も言うけど、前髪もうちょい切っても大丈夫だよ〜♪


225来ましたね!出来高も多く17000円軽く越えました。その流れでマザーズにも資金が来るといいな。神頼み投資法実践中です!笑


今日もみんな元気でした!バンザーイ!



明日は金曜日ですね。
ステキな一日になりますように。


おやすみなさい

解錠師(スティーブ・ハミルトン 著)は、かつて「このミステリーがすごい!」2013年版海外編で1位に選ばれた作品である。

そういう意味では有名な作品なのでご存知の方も多いかもしれない。

f:id:kun-maa:20130617221222j:plain

スポンサーリンク

主人公のマイクルは8歳の時に巻き込まれたある事件がきっかけで、その事件以降ひと言も話すことができなくなってしまった。

でも彼は2つの人並みはずれた才能を持っていた。

ひとつは絵を描くこと。そしてもうひとつが解錠(鍵なしで錠を開けること)である。

 

「このミス」で1位に選ばれたくらいだからバリバリのミステリー作品だと思って読み始めた。でも、この作品は単なるミステリーの範疇に収まる作品ではない。

物語は刑務所に収監されて10年になろうとしている20代後半のマイクルが、どうして解錠師になったのか、そしてなぜ服役することになったのかを読者に打ち明けるように綴られていく。

 

そこでは、マイクルというひとりの青年がさまざまな経験をとおして成長してく様子、恋人となるアメリアとの出会いと彼女に対するまっすぐな想い、そして愛する者を守るために犯罪に手を染めていく様子などが生き生きと描かれている。

 

マイクルは最後までひと言もしゃべらない。

それにもかかわらず1人称による彼の内面の語りによって、等身大の姿がみずみずしく描きだされている。まるで彼が声を発しているかのように。

これはマイクルという孤独で繊細な少年が過酷な運命に翻弄されながら成長していく青春小説であり、言葉は交わさなくても絵によって結ばれるアメリアとの切ないラブストーリーである。

 

そして、マイクルの半生を2つの時間軸を交互に描くことで生み出される独特の緊張感、解錠シーンの何とも言えない臨場感、アクションシーンの鮮やかさ、マイクルの幼少時の事件の謎など、その全てが優れたミステリーであることも確かだ。

特にマイクルが最後の賭けに出たところの描写は緊張感、謎解きそして意外な結末と、ミステリー好きならば必読である。

 

物語の終わり方も希望に満ちていて爽やかな読了感。

こういう小説はとても好きだ。

解錠師 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

解錠師 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

  • 作者: スティーヴ・ハミルトン,越前敏弥
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2012/12/09
  • メディア: 文庫
  • 購入: 1人 クリック: 9回
  • この商品を含むブログ (60件) を見る

解錠師 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

解錠師 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

  • 作者: スティーヴ・ハミルトン,越前敏弥
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2012/08/01
  • メディア: Kindle版
  • 購入: 1人 クリック: 8回
  • この商品を含むブログ (21件) を見る

スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly 

丸ビルで映像とライトのイベントが!
夜ごはん食べてたら時間がギリギリ!
オアゾから走って丸ビルへ!

f:id:pinkstrawberryflavor:20151129120639j:image

汗だく。。
でも。。。
ちょっと。。。。。。。

不思議なイベントでした(^^;;

f:id:pinkstrawberryflavor:20151129120650j:image

ここでヂャイヂャイからこの巨大ハムちゃんぬいぐるみもらえて☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
嬉しすぎる〜(≧∇≦)
UFOキャッチャーでこんなに大きなぬいぐるみゲットしてくれたなんてすごい〜♪───O(≧∇≦)O────♪
ヂャイヂャイ優しい!!

f:id:pinkstrawberryflavor:20151129122420j:image

メリーゴーランドの上にツリーのあるオブジェ!

f:id:pinkstrawberryflavor:20151129123621j:image

シャンパンゴールドのライト綺麗でした〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

f:id:pinkstrawberryflavor:20151129121611j:image

うさちゃんトラさんに遭遇!

f:id:pinkstrawberryflavor:20151129121635j:image

しっぽに乗せてもらい♪

f:id:pinkstrawberryflavor:20151129121653j:image

うさちゃん:「あの。。。」

f:id:pinkstrawberryflavor:20151129121720j:image

オフィスビルにもツリー♪───O(≧∇≦)O────♪

f:id:pinkstrawberryflavor:20151129121740j:image



1位目指してます!
1日1ポチしていただけるととっても嬉しいです♪

↓ ↓ ↓


人形・ぬいぐるみランキングへ

ブログランキングの一度したポチ、一週間後にはなくなっちゃうんです。。。

いつもポチ!ありがとうございます♪

ちょっとダークなネコちゃんラインスタンプ販売中♪

f:id:pinkstrawberryflavor:20150626231246j:image

もしっ!気に入っていただけましたら♪是非!使ってください(≧∇≦)
「ダークなピンクにゃん」
かわいさを最大限に利用するダークなねこちゃんスタンプ。おしゃれとお菓子とねずみのぬいぐるみが大好きな猫ちゃんで、りすのようなモフモフしっぽがトレードマーク。
ストアURL↓
http://line.me/S/sticker/1093762

さてさて、昨日勉強しなかったしよりです。

無職なんだから、勉強ぐらいしなさいよという突っ込みはなしでお願いします。

 

今日はしましたよ!少し。

ほんの少し!

 

したというだけの報告でした。

 

今日はお友達とごはんです。

そのあと、相方の家に行きます。

だがしかし、なんとなく関係がぎくしゃくしてるので行きづらいのです。

妹には話し合えといわれました。

わかってるよぉぉぉぉぉぉぉ。

がんばって話し合いしてきます。

 

結局何の記事だしこれ。

f:id:hibi-mae:20170529193119j:plain

 

実は自分、未熟ながら弟子というものが存在した。

まぁ、そんな大それたそれではなくて、知人がカメラを借りたから写真を教えてくれといったものだ。

とはいえ自分には技術的な知識は特にない。

絞りがとか、露出がとか、そんな技術はネットで検索しろと突き放した。

むしろ教えて欲しいくらいだ。いや、今はなんとなく知ってるけど。

 

師弟関係としてルールも設けた。毎日1枚写真を撮って送らせるというもの。

課題を出してそれに従う。

最初のお題は半径10km以内の自然を切り取る。

無断で3回休めばその時点で終了。

 

そしてその努力に対し容赦なくぶった切る。

 

嫌なら辞めたらいいし、他を頼ればいい。

それが師弟関係というものだ。(謎)

 

でもそいつはめげずに付いてきた。

けちょんけちょんに言ってもしっかり付いてきた。

 

f:id:hibi-mae:20170529191249j:plain

確か最初に送ってきたものはコレ。

いいとか悪いとか分からないけど、撮りたいのは図鑑なのか?って言っておいた。

 

f:id:hibi-mae:20170529192547j:plain

 

その後もよく分からない写真を送ってきてはボロクソに言っておいた。

 

それが師弟関係だ。(謎)

 

 

 

そんなやり取りを2〜3ヶ月続け、

 

f:id:hibi-mae:20170529192736j:plain

 

f:id:hibi-mae:20170529192757j:plain

 

f:id:hibi-mae:20170529192809j:plain

 

様になってきたように思う。

というか、俺色になってきた 笑

 

写真もそこそこ撮れるようになってきた頃、お互いがそんなやり取りに飽き、課題は終了。とりわけその他に連絡を取り合う理由もなかったので、そこからそれなりの月日が流れた。

 

そして先日、近くに来たからという事で飯を食ったんだ。

それが一番最初の写真。

小悪魔の様にこちらを覗いているではないか。

 

実はこやつ、過去に何度かモデルとしてもお願いしていて、体もはってくれるから結構好きだ。数日前にアップした傘ぶっ飛ばしてるのもこやつ。雨の中、出来を優先して傘を投げてくれる所に好感が持てる。

 

 

 話はちょっと変わって、過去に何冊かフォトブックを作ったことがある。

 一つはスナップを中心とした簡易的なフォトブック。

もう一つは「この街から。」という自分の街を撮り散らかした思い出の一冊。

 

 


こういったものを手元に置いておくととても便利だ。

写真仲間にこういった写真を撮ったよというポートフォリオ的な役割になる。それと滅多にやらないけど、街角で急にその人の写真を撮りたくなった時だ。

急に声をかけると怪しまれるけど、こういったものがあるとわりと好感を持ってもらえたりするものだ。

 

スナップ集はこの世に一冊だけのもので、「この街から。」は複数作ったもののすでに配って手元には1冊。

 

 

 

これらがだ。

全部奪われた。弟子という小悪魔に。

 

 

まぁ、最終的には自分の意志であげたんだけど、おかげで俺は自分を紹介するツールを失ってしまった。なんというか手持ち無沙汰でソワソワする。

 

よって、近いうちに何か作ろうと思う。簡易的スナップブックを。

 

 

f:id:hibi-mae:20170530122128j:plain

ところで、久しぶりにあったこやつは、借り物じゃなくてマイカメラを持っていた。

PENTAX機だ。

 

なんだ、師を真似るなんていいやつじゃないか。

フォトブックを最終的にあげてもいいかと思えたのはそんな所だった。

 

※実際は弟子を取るほどの器ではありません。

 

最後に、

当ブログでお知り合いになった「おんなのかめら」のこりのろっささんにも例の写真集を譲ったんだけど、喜んでもらい、記事にして頂きました。ありがたい。

 


ぶっちゃけいうと、こりのろっささんのテクニック記事を読んでなるほど~なんて思っている身なので、なんか不思議な気分。ともあれ自分が撮ったもので誰かが喜んでくれるなら何よりです。

 

やはり「非実在青少年」という呼び名はキャッチーすぎる

 いやぁ、疲れた。

「闇夜に咲く花」最終回(20)まで書き終わりました。

今度はこれを再編集して、題名を「真・闇夜に咲く花」として投稿したいと考えています。

今まで読んでくれた方、ありがとうございました。

今、「誰が読むか」と思った方も1話だけでも読んでみてください。

ここからは作品の制作秘話(?)となりますが、これを書く時に影響を受けたのは、「マインクラフト」と「アランウェイク」と言うゲームが主になります。どちらも、やったことはなく、「赤髪のとも」と言う方のゲーム実況を見て影響を受けました。そして、政府の陰謀的なのは、僕の好きな、「伊坂幸太郎」と言う作家さんの本に影響を受けてます。バリバリ。

自分で書いていて、最後の方が展開が速すぎると思ったので再編集の時に話を盛りますがw、話の筋は、変え無いので、間違い探しと思って読んで見てもいいと思います。

最後に、これからもよろしくお願いします!!!


実況動画リンク

あかがみんクラフト2/マインクラフト/赤髪のとも

http://youtu.be/UK3n2ogb_t0?list=PLC4EWNG6GsubzRXGVNG7nYBiReFyMYZ7i


【洋ホラー】アランウェイク/アランウェイク/赤髪のとも

http://youtu.be/Y77G4UQvXQQ?list=PLC4EWNG6GsuZg_t2cdkndhBlsKkasn8wh