NHKで忌野清志郎の命日にちなんで、
連日清志郎さんの関連番組をやってくれてた。

ので、頭の中がずっと音楽鳴りっぱなし(笑)

やはり一番よかったのはRCのサードアルバムの「シングルマン」について
いろいろな人が語っていた番組。

ひとつのアルバムの曲をあーだこーだといろんな角度から見ていくのは興味深い。

とりわけ、「シングルマン」は私も聴き倒したアルバムなので、
ものすごく懐かしすぎる〜。


「ファンからの贈り物」とか「やさしさ」 とか。

今あらためて聴くとめちゃ個性的すぎる曲だ。

音楽的にもかなりこだわっていた清志郎の姿もうかがえる。



現在、アルバムがあまり売れない時代になってきているけど、
それぞれのアルバムの全体像と出来が神レベルだと
脳内ホルモンが出っ放しになり、
ちょいとしたヒーリング効果さえあるような気がする。


シングルマンは真っ直ぐな清志郎の言葉の使い方が印象的で、
すでにスタイルは出来上がっていた。

牡羊座らしい彼の真っ直ぐさが好きだった。
中毒にもなっていた。

真っ直ぐでありつつ、ナイーヴなのだ。


いま、思うとギター2本とウッドベース1本という3人組で
ロックをやろうとしていたのがすごい。


彼は多くの人たちに影響を与えた。
大変なことがたくさんあっただろうけど。

変わらずその真っ直ぐな生き方を貫き、歌はもっとストレートに
ハートに伝わるのだ。

「シングルマン」を聴いていた頃の高校生の私をもちろん思い出すけど、
どうにもならない状況の中で、自分を貫いていけるのか
ということについてまた、考えさせてくれた。