兵庫県は13日、7年物の公募地方債を起債した。表面利率は0.221%、発行価格は100円で、応募者利回りは0.221%になった。発行額は100億円。6月26日に条件決定した前回7年債(発行額120億円)の0.319%に比べて利回りが低下した。利回り低下は主として国債相場が上昇(利回りが低下)した影響を受けたためとみられる。

 国債利回りへの上乗せ幅(ローンチ・スプレッド)は残存7年程度の10年物国債第325回債(2022年9月20日償還)に対して0.140%だった。前回7年債は0.090%だった。

 機関投資家向けに販売し、25日に発行する。償還まで毎年5月25日と11月25日に利息を支払う。午前9時30分に募集を開始し、同9時32分に完売を確認。主幹事は均一価格リリースを宣言し、流通市場で自由な価格での売買が可能になった。主幹事は野村証券、みずほ証券、大和証券、岡三証券の4社が務めた。