2015年7月31日金曜日、『艦隊これくしょん ~艦これ~』の公式Twitterアカウント@KanColle_STAFFより、2015年夏イベントに関する続報がもたらされました。

 

www.dmm.com

 

 

   

というツイートがそれ。2015年夏イベント「反撃!第二次SN作戦」は全7作戦海域から構成されるみたいです。E-7まであるということです。

これまで開催された艦これのイベントを調べてみました。2015年春イベント「発令! 第十一号作戦」が6海域、2015年冬イベント「迎撃! トラック泊地強襲」が5海域、2014年秋イベント「発動! 渾作戦」が4海域、2014年夏イベント「AL作戦/MI作戦」が6海域、2014年春イベント「索敵機、発艦始め!」が5海域、2013年冬イベント「迎撃! 霧の艦隊」が3海域、2013年秋イベント「決戦! 鉄底海峡を抜けて!」が5海域、2013年夏イベント「南方海域強襲偵察!」が4海域、2013年春イベント「敵艦隊前線泊地 殴り込み」が4海域です。E-6までが最も多い海域数ですね。

私は2013年の8月20日前後に艦これに着任しました。その時期は2013年夏イベの真っ最中でしたが、着任直後だったこともあって、期間限定海域は第1海域すら突破できなかったです。E-1-1すら勝てませんでした。なので私の実質の初イベントはあの悪名高き2013年秋イベです。アイアンボトムサウンド、この言葉を聞くだけで震えが……来ないですけど、もう二度とやりたくないイベントではあります。

大規模作戦になることは以前から何度も運営さんから告知されていましたけれども、まさか7海域もあるだなんて……海域数も大変そうですけど、難易度も重要ですね。7海域あっても難易度が高くなければいいのですが。昨年の夏イベがダブルダイソンのAL/MIですからね……低難易度は期待しない方がいいかも知れません。怖い……。

でも今回も甲乙丙の三段階作戦みたいですから、あまり気にしなくていいですか。自軍は2015春イベは全て甲作戦でクリアしましたが、今回は無理はしないつもりです。ただ、新艦娘の掘り作業をするなら甲作戦でクリアしておいた方がいいでしょうね。難しいところ。